高橋歩の旅ブログ
ENTRY

大人がマジで遊べば、それが仕事になる。
高橋歩と遊ぶ、極上のハワイ島ツアー
『なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?』
本当に本当に大切な1冊
プレイアース・カレッジ 開校!
高橋あゆむ&中島デコと3日間、ガチで過ごして自費出版ノウハウのすべてを学ぶ
福島の子どもたちに「最高の遊び」をプレゼントしよう!
「読む」というよりは、「感じる」本
子どもと楽しむ! 週末の冒険
新しい本が、完成した!
いよいよ近づいてきた、旅祭!
世界一周しちゃえば?
子供はみんなアーティスト!
旅を愛する仲間と、こんな本、創ってみた!
一度きりの人生 絶対に行きたい夢の旅 50
旅フェス「旅祭」まで、あと5日だ。
旅を愛する人は、ぜひ、一緒に楽しもう!
EXILE USAと一緒に作った本
最強の旅フェス「旅祭(たびまつり)」!
自由人の脳みそ

ARCHIVES

2017年3月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (1)
2016年8月 (1)
2016年7月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年10月 (1)
2015年9月 (2)
2015年5月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年11月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (3)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年1月 (1)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (2)
2013年6月 (1)
2013年5月 (1)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2012年12月 (1)
2012年11月 (2)
2012年8月 (1)
2012年7月 (1)
2012年4月 (1)
2012年2月 (1)
2011年11月 (1)
2011年10月 (3)
2011年8月 (1)
2011年7月 (1)
2011年6月 (3)
2011年5月 (2)
2011年4月 (4)
2011年3月 (2)
2011年2月 (3)
2011年1月 (1)
2010年12月 (2)
2010年10月 (1)
2010年9月 (1)
2010年8月 (2)
2010年6月 (4)
2010年5月 (4)
2010年4月 (1)
2010年3月 (1)
2010年2月 (1)
2010年1月 (5)
2009年12月 (1)
2009年11月 (2)
2009年10月 (3)
2009年9月 (4)
2009年8月 (3)
2009年7月 (5)

2016年1月10日(日)

福島の子どもたちに「最高の遊び」をプレゼントしよう!



年明け、1発目!
マジで、HAPPYなお誘い!

「福島の子供たちに、最高の遊びをプレゼントしよう!」

そんな想いが集まって、昨年3月、福島市に誕生した、
FREE(自由&無料)な遊び場
「CHANNEL SQUARE」(通称:チャンスク)。

オープンから8ヶ月で、計13000回、月に1000人以上の子供たちが、実際に、今も、この施設で遊び、学び、楽しんでくれている。

これって、マジ、すごくない?

オレも、何度も、現場で遊んでるけど、
「リアルに子供たちが喜んでいる感」が、ハンパない!

この施設を運営している福島のメンバーも、
サイコーに気持ちいい奴ばっかりだし、
さらに、ワクワクしちゃう未来へのビジョンもいろいろあって、
「福島、超アツイじゃん!」って、興奮するぜ。

でもさ、ぶっちゃっけ、
やっぱ、「小学生以下無料!」でやってるので、
お金がなくて、大変なのよ。

もちろん、「小さな子供たちからも、ちゃんとお金を取ればいいでしょ」的な意見もあるけど、オレは、この運営チームの心意気が素敵だと想うし、日本中の多くの人が少しづつ応援することで、こういう場所がどんどん広がっていくことは、JAPANとして、かっこいいと想うんだ。

2011年に起きた東日本大震災っていうのは、
日本という国にとって、世紀の大事件。

最初の4年でどうこうとかじゃなく。
今まで、何をやってきたか、とかじゃなく。
これからが本番でしょ。

寄付することしか出来ないけど・・・
なんていう人もいるけど、
「寄付すること」は、現実を動かす、すごく強烈な応援だぜ。

まぁ、こういうのは、
理屈じゃなく、フィーリングだと想うので、
ピンと来た人は、ぜひ、下記のサイトを見て、
一緒に、やっていこうよ。

そして、ぜひ、自分の想いを乗せて、
仲間に広げてくれたら嬉しい!



福島の子どもたちに「最高の遊び」をプレゼントしよう!
~FREEな遊び場の継続へ向けて~
http://japangiving.jp/p/3560



自分がHAPPYに生きていくために、
一番大切なこと。

それは、「人に優しく」することじゃん。

だから、どんどん、人の喜ぶことをしながら、
今回の人生、HAPPYに生き抜いていこうぜ!