event

2016年3月29日(火)

高橋歩トークライブ in 福岡 6/18(土) ゲスト:小橋賢児


Lifestyle talklive vol.2


人生の中で誰もが必ず迎える【TURNING POINT】
常識に捉われず、幾つもの挑戦と無限の可能性で夢を実現していくゲストのトークセッション!
あなたのその一つ一つの選択が、未来の自分の人生を創り上げる。


【日時】:2016年6月18日(土)
OPEN 13:00
START 14:00
CLOSE 16:00

※13:00より整理券を配布いたします。
※トークライブ終了後、書籍販売サイン会有

【会場】:
福岡県糟屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-1-2064イオンモール2F
イオンシネマ福岡

【入場料】:
・VIP席 ¥4,800 (22席限定)
・S席  ¥4,300 
・一般席
(早割)   ¥3,300 (40席限定)
(前売)   ¥3,800
(当日券)  ¥4,000

★チケット購入はこちらから
http://turningpoint.peatix.com/

※チケット種別内では自由席となります。
※定員に達し次第終了いたします。
※完売した場合には、当日券はありません。

▲注意事項▲
・一度御購入されますとキャンセル対応は致しません。慎重な御購入をお願い致します。
・クレジットカード決済を選択されなかった場合、3日以内に入金をされませんと自動的にキャンセル扱いとなりますので御注意下さいませ。

【出演】:

高橋歩 Ayumu Takahashi

1972年東京生まれ。自由人。
20歳の時、映画「カクテル」に憧れ、大学を中退し、仲間とアメリカンバー「ROCKWELL'S」を開店。2年間で4店舗に広がる。
23歳の時、すべての店を仲間に譲り、プータローに。自伝を出すために、出版社「サンクチュアリ出版」を設立。自伝 『毎日が冒険』をはじめ、数々のベストセラーを世に送り出す。
26歳の時、愛する彼女・さやかと結婚。
出版社を仲間に譲り、すべての肩書きをリセットし、再びプータローに。
結婚式3日後から、妻とふたりで世界一周の旅へ。
約2年間で、南極から北極まで世界数十ヶ国を放浪の末、帰国。
2001年、沖縄へ移住。音楽と冒険とアートの溢れる自給自足のネイチャービレッジ「ビーチロックビレッジ」を創り上げる。
同時に、作家活動 を続けながら、東京、ニューヨークにて、自らの出版社を設立したり、東京、福島、ニューヨーク、バリ島、インド、ジャマイカで、レストランバー&ゲストハウスを開店したり、インド、ジャマイカで、現地の貧しい子供たちのためのフリースクールを開校するなど、世界中で、ジャンルにとらわれない活動を展開。
2008年、結婚10周年を記念し、家族4人でキャンピングカーに乗り、世界一周の旅に出発。 2011年、東日本大震災を受けて、旅を一時中断。 宮城県石巻市に入り、ボランティアビレッジを立ち上げ、2万人以上の人々を受け入れながら、復興支援活動を展開。
現在も、石巻市・福島市を中心に、様々なプロジェクトを進行中。
2013年、約4年間に渡る家族での世界一周の旅を終え、ハワイ・ビッグアイランドへ拠点を移す。 現在、著作の累計部数は200万部を超え、英語圏諸国、韓国、台湾など、海外でも広く出版されている。


小橋賢児

俳優、映画監督、イベントプロデューサー

1979年8月19日生まれ。
1988年、芸能界デビュー。
以後、岩井俊二監督の映画『スワロウテイルバタフライ』や NHK朝の連続小説『ちゅらさん』、三谷幸喜演出のミュージカル『オケピ!』など数々の映画やドラマ、舞台に出演し人気を博し役者として幅広く活躍する。
しかし、2007年 自らの可能性を広げたいと俳優活動を休業し渡米。
その後、世界中を旅し続けながら映像制作を始め。
2012年、旅人で作家の高橋歩氏の旅に同行し制作したドキュメンタリー映画「DON'T STOP!」が全国ロードショーされ長編映画監督デビュー。
同映画がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティ アワードとSKIPシティDシネマプロジェクトをW受賞。
また、世界中で出会った体験からインスパイアされイベント制作会社を設立、ファッションブランドをはじめとする様々な企業イベントの企画、演出をしている。
9万人が熱狂し大きな話題となったULTRA JAPANのクリエイティブディレクターも勤めたりとマルチな活動をしている。


【MC】
深町健二郎


テレビやラジオでコメンテーターとして福岡で活躍。
幼少期から音楽活動をし、ミュージシャン「ジ・アコースティックス」として曲をリリース。
また、天神にある「ソラリアプラザ」のイベントプロデュースをし、後に自身で企画制作会社を設立され地元福岡を盛り上げる様々な企画プロデュースを手掛ける。